ハシバ木の家

日本の森からシンプルなパッシブハウスを。

2020年に向けて、日本の家づくりが変わります。
地球温暖化対策の一環として、
住宅の省エネ基準適合化が
段階的に義務化されていくのです。
そこで求められるのは、
壁や断熱材などによる外皮と、
暖冷房、換気、給湯設備までも含んだ
住宅におけるエネルギー消費量の世界基準への適合です。
国土交通省が進める地域型住宅ブランド化事業にも採択されたフォレストバーンは、
パッシブ(自然エネルギーの活用)+デザインがコンセプト。
一棟一棟をきちんとデザインし、地球環境にもやさしい家づくりを推進します。

フォレストバーンが目指す3つのよさ

「心地いい」とは、心理的な満足感のことです。「森の暮らし」をデザインコンセプトにしたモデルプランは、 そのまま建てても魅力的な間取りになっていますが、これをたたき台として自由に設計ができます。 モデルプランがあることで、建主様が自分の意見を出しやすいようにと考えているのです。

「気持ちいい」とは、体が感じる満足感のことです。フォレストバーンの外壁は、 断熱性と調湿性を兼ね備えた独自の壁構造を持っています。暖房器具に頼らなくても気持ちのいい温度を保つことができる、 パッシブデザインの住宅です。複雑な機械設備に頼らないので壊れにくい、そこもポイントです。

仕上がりが美しく構造的にも安心な長持ちする家。これを実現するためには、 厳しい基準をクリアした信州産木材を使うのはもちろん、施工する工務店にも一定レベルの施工技術が必要になります。 フォレストバーンは、家づくりコーディネーター研修や設計研修などを開催し、品質管理に対する意識の共有を図っています。

フォレストバーンには、多彩なモデルプランが揃っています。

フォレストバーンでは、建主様の家族構成やお好きなデザインテイスト、 立地条件などによってお選びいただける多彩なモデルプランを用意しています。 また、モデルプランを元に建主様のご要望をうかがいながら設計をカスタマイズすることもできます。
  • BIGROOF

    シンプルで美しい 大屋根の住まいです。

    青空に映える片流れの大屋根の家。太陽の恵みをいっぱいに受けるこのスタイルは、 いつまでも飽きることなく住み続けられることでしょう。 外壁を板張りや土壁にしたり、屋外と繋がる空間をウッドデッキや土間テラスにしたりといったカスタマイズも可能です。

  • FLAT

    めざしているのはカッコイイ平屋です。

    フラットは、広々としたウッドデッキで自然と繋がる平屋プランです。 基本的な外壁は風景と調和するナチュラルなカラマツ貼り。屋根のかかったウッドデッキは、 第二のリビングとして爽やかな風が吹き抜ける晴れの日にも、そして雨の日にも活躍します。

  • COTTAGE

    気持ちのいい「小さな家」をつくりましょう。

    コテージはフォレストバーンの「小さな家」シリーズです。一人か二人で暮らすための最小限モデルプランと、 1階に主寝室を設けたプラン、さらに2階に十分な居室を設けたプランという三つのモデルプランを揃えています。 外壁はナチュラルなカラマツ貼りですが、白い土壁にして、よりシンプルさを演出することもできます。

  • MODERN

    郊外型から都市型まで、モダンにデザインしています。

    よりデザイン性を追求したモダンシリーズ。 例えばビッグルーフタイプでも、モダンにデザインすればちょっと遊び心あふれるプランになるのです。 そして、都市型デザインは箱型の2プラン。それぞれ2階建てと3階建ての、狭小地に対する生活提案です。

    モダンなデザインにこだわる方におすすめです。

  • TERRA

    パッシブを第一に考えたベーシックなプランです。

    テラは、南面開口部からの最高を最大限に活用するプラン。1、2階ともに十分な陽光を採り入れるように工夫されています。 その結果、総2階建てに近い合理的なデザインになっているのが特色で、開放的なテラと、 都市型のテラ・コートの2プランをご用意しています。 また、それぞれに「+畳座」のプランもご提案しています。

心地よい暮らしのために、いろいろな工夫を盛り込みました。

ハイテクな機械設備に頼らず、心地いい暮らしを実現したい。そのためにフォレストバーンでは、家にさまざまな工夫を凝らしました。厳選された自然素材をふんだんに使い、そこに現代の技術を投入していくことで長く住み続けられる家をご提供します。

  • 信州の森で生まれた木々が 健やかな暮らしを支えます。

  • 「テックウォール」。調湿を考えて辿りついた呼吸する壁です。

  • 薪ストーブの温もりが家族をやさしく包みこみます。

  • 気持ちよさの秘訣は内装壁にもあります。

フォレストバーンの家づくりの流れをご紹介します。

建主主義、これがフォレストバーンの家づくりの基本スタイルです。まず建主様のご要望を丁寧にヒアリングし、その思いを実現するためのデザインを提案していきます。せっかくの家づくりを思う存分楽しんでいただきたいというのが「建主主義」に込めた願いです。

フォレストバーンで使う長野県の木材は、信州木材認証センターで製品認証されたもの。乾燥・品質・寸法などで厳しい基準をクリアしています。
外壁に使う信州カラマツは変質や劣化が起きにくい素材で、そのうえに10年間メンテナンス不要の塗装を施しています。 さらに、床材や柱にはスギ、梁などにカラマツやアカマツ、土台にはヒノキ。信州認証製品をはじめとして、JASなどの認定機関が一定の品質を認めた国産材をふんだんに使っています。
丈夫で安心、体も優しく、メンテナンスもしやすい。私たちが木にこだわるのにはそんな理由があるのです。
フォレストバーンでは『テックウォール』という独自の壁構造を考えています。その根本には、湿気が多い日本の気候風土の中で、単純に高機密高断熱の家でいいのだろうかと考えるからです。 『テックウォール』で実現したいのは、昔ながらの土壁のような呼吸する壁。しかし、昔ながらの方法で施工すると断熱性能が落ちるので、調湿性能のある自然素材の断熱材で高断熱を実現し、その上で、相対湿度に応じて湿気が通り抜ける壁を実現しているのです。イラストはこの原理を解説したもので、夏と冬では湿気の通り方が変わる可変透湿性能をご案内しています。
その安心の上で、お好きなテイストに空間をデザイン(間取りと外観など)する『パッシブ+デザイン』が、フォレストバーンの基本です。そうすることで、改正省エネ基準にも合致したエネルギーロスの少ない快適な住まいをご提案できると確信しています。
フォレストバーンでは、ハイテク機器に依存しないパッシブライフを提案しています。その要となるのが、まずしっかりと高断熱化しようという考え。しかも調湿機能の高い自然素材の断熱材を用いることで、湿気対策も兼ねた高断熱化をするのが大きなポイントです。そして、夏は風通しを良くして北庭から涼風を採りこみ、冬は薪ストーブを使って家中を暖めます。
必要に応じてサーキュレーションシステムを使う方法も提案していますが、基本的には、この骨太のローテクが、フォレストバーンの『気持ちいい』を実現させているのです。
冬の薪ストーブは、暖房能力を持ったエネルギー源です。また優秀な調理器具にもなります。熱々のピザもほんの数分で焼きあ がりますし、コトコト煮込む豆料理やシチューもお手の物。なんと言っても、家の中でパチパチと薪が爆ぜる音を聞いたり、炎が揺れる様を見るのは心が温まるものです。
そこから自然暮らしの中へと連れていってくれるのが、薪ストーブなのです。
木質系断熱材や無垢の床材などにも調湿性能がありますが、フォレストバーンは調湿性能の高い珪藻土(天然スタイル土壁)を内装壁にも使用し、部屋全体で湿気対策を行い、カラっとした気持ちいい空間にします。自然素材断熱材(セルロースファイバー、サーモウール、ウッドファイバーから選択)+可変透湿シート(夏は湿気を通し冬は通さない)+ダイライト+遮熱シートが基本。停電時にも、このローテクの厚壁が自然の酷寒酷暑から住宅の温熱環境を守ります。
さらに私たちは、パッシブハウス建設地の気候風土に最適な温熱システムもご提案しています。